沖縄紫芋月餅

沖縄紫芋月餅

(5個入り) 900円(税込)

原材料:小麦粉、砂糖、マーガリン、鶏卵(沖縄宮古島産)、紫イモ餡(沖縄宮古島産)、加糖練乳、ハチミツ、脱脂粉乳、塩(沖縄宮古島産)、乳製品、食物油脂、乳糖、乳たんぱく質、もち米粉、トレハロース、加工デンプン、グリシン、炭酸カルシウム、リン酸塩(K.Na)、塩化Ca、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、クエン酸、膨張剤、pH調整剤、香料、着色料(V.B2)※原材料の一部に乳、大豆を含む【保存】直射日光、高温多湿を避けて保存。【賞味期間】4ヵ月

宮古島の食材にこだわって作り出された「沖縄紫芋月餅」。
その強い思いは、軽い食感の皮、紫芋の餡と餅が三位一体となって絶妙な味わいと食感を生み出しました。一見すると濃厚そうな餡は紫芋の風味を損なうことなく、上品な味わいに仕上がり、飽きることなくいくつも口に入れることができます。
​お子さまからお年寄りまで、幅広い世代で味わうことができるので、お世話になった方への贈り物としても喜ばれる一品です。

《 紫芋は宮古島が発祥の地 》

あまり知られていませんが、紫芋は宮古島が発祥の地と言われています。 長眞氏旨屋(ナガマウジシオク)という人物が、琉球王府から帰島の洋中、逆風に遭い中国に漂着し、三年間中国で滞在したのち、宮古島へ芋かずらを持ち帰り栽培したそうです。芋は宮古の風土に適し、人々は作物として競って栽培し、五穀に変わって芋が主食となりました。